2015年11月25日水曜日

いま話題のIBM「Bluemix(ワトソンくん)」が「老人と海」をサマったら。

 先日、オラクルさんから同社クラウドサービスに関する賞を頂いたこともありまして、んもー、クラウド系の技術に興味しんしんです。

日本オラクル「POCO」コンテスト受賞しましたっ!!
http://sapporomkt.blogspot.jp/2015/11/poco.htm


<2016年1月15日(金)>
「IBM Analytics Japan」の公式アカウントさんにご紹介頂きました!


「Bluemix」とは?


 IBMが提供するクラウド・オファリング(課題解決メニュー)です。
同社のオープンソースPaaS(Platform as a Service) である「Cloud Foundry」をベースにしています。

 高度なインストール方法を知らずとも、ノンプログラミングでクラウド上にWEBアプリケーションを構築することが出来ます。そして、この中では、あの「Watson(ワトソンくん)」と対話することも出来るのです!

http://www.ibm.com/cloud-computing/jp/ja/bluemix/


「Watson(ワトソン)」くんに、お仕事をお願いしてみた。



<今回やったこと>

・BlumixのサービスAPIである「Personality Insight」をCloud上に設置。
・上記にA・ヘミングウェイの「The Old Man and the Sea(邦題:老人と海)」の英語全文を読み込ませました。



<作業工程と結果>

実は先日、札幌市内で開催されたIBMセミナーにてBlumixのデモを拝見しました。わずか数分で、iPhoneの湿度センサーを利用したアプリをノンプログラミングで作成された様子を見て感化されちゃいました(笑)

 
 それでは早速やってみましょう!


 1.「Bluemix」にログイン

  「Bluemix」を使う前に、「IBM ID」を取得する必要があります。登録はとても簡単で無料です。
ただ、ID申請してから指定したメールアドレスにメールが届くまで数分のタイムラグがあるようです。
気にせず、ゆっくり待ちましょう。

 「IBM ID」が取得出来ましたら、画面右上からログインしてください。



 2.「サービス&API」をクリック

「Cloud Foundryアプリ」「仮想マシン」「サービス&API」が表示されますので、「サービス&API」をクリックしてください。画面下に「Speech To Text-lm」というサービス名が表示されていますが、当作業を行う前に別途設置したものなので無視してくださいね。



3.「Watson(ワトソン)」アプリから「Personality Insight」を選択。


 画面が切り替わると、「Watson:人間の専門知識を拡張、拡大、及び促進するコグニティブ・アプリの構築」という説明書きとともに、「Watson(ワトソン)」くんの人工知能を活用したアプリ等が表示されます。


 この中から「Personality Insight」 を選択してください。カーソルを合わせるとアプリの概要が表示されます。関係ないですけど、なんか、アイコンがGoogleのIngressに雰囲気似てますよね。気持あがります!

 説明を見ると「トランザクション・データやソーシャル・メディア・データから洞察を引き出し、心理的特性を識別します」ですって。


 4.「デモ」を選択。

  画面が切りかわったら、少しだけ画面を下部にスクロールさせ、「デモ」を選択してください。
ちなみに、この段階で気づいたかもしれませんが、クレジットカード情報等は一切入力していません。もともと、30日の無料期間が設定されていますが、これなら安心して利用することが出来ますよね。




5.テストデータを投入します。いや、「コピペ」でいいの。

画面が切り替わり、「Personality Insight」 が表示されます。今回は、A・ヘミングウェイの「The Old Man and the Sea(邦題:老人と海)」の英語全文を読み込ませました。

 この作品を選んだ理由は特にありません。著作権を気にしないでいいことと、日本語版を読んだことがあったので思いつきで選びました。

 画面下部のテキストボックス欄に英語文をそのままコピペし「Analyze(分析)」ボタンを押してくださ
「3,500ワード以上ないとPersonalityは分析しづらいよ」的な記載もありますが、処理は問題なく通ります。




「Watson(ワトソン)」くんのお仕事結果。


 まずは、Your Personality。風景描写なども多く記述されているため、「Personality」とするにはやや語弊がありますが、確かに主人公の老人っぽさを感じさせる記述になっています。


 恥ずかしながら今回初めて知ったのですが、「ビッグファイブ」とは、Personalityを5つの要素に分解する心理学のメソッドなんですって。へぇ~。


 こんな感じで分かりやすくマップ化もしてくれます。
まだまだ勉強中ですが、「Bluemix」、メチャクチャおもしろいテクノロジーですね。これはしっかり身につけたいです!



<その他の参考エントリー>
「データ・ビジュアライゼーション」でも便利な「Watson Analytics」。
http://sapporomkt.blogspot.jp/2016/01/watson-analytics_13.html

分析の常識が変わる?「Watson Analytics」すげー!!
http://sapporomkt.blogspot.jp/2016/01/watson-analytics.html

「Watson」先生に、AdSenseビンボーの理由を聞いてみた・・・
http://sapporomkt.blogspot.jp/2016/01/watsonadsense.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers