2015年9月12日土曜日

世界のDMO~「アルベルゴ・ディフーゾ」って知ってる?

 前回に引き続き、「地方創生」の重要キーワード「DMO」について調べてみました。

「DMO」とは?


 Destination Management/Marketing Organization の略。
様々な地域資源を組み合わせた観光地の一体的なブランドづくり、ウェブ・SNS等を活用した情報発信・プロモーション、効果的なマーケティング、戦略策定等について、地域が主体となって行う観光地域づくりの推進主体。

そもそも「DMOって何?」な方は下記エントリーをご覧ください。

地方創生の新たなキーワード「日本版DMO」って知ってる?

http://sapporomkt.blogspot.jp/2015/06/dmo.html


「アルベルゴ・ディフーゾ」って知ってます?


 「日本版DMO」で当ブログを検索される方が多かったので、「じゃ、今度は世界のDMOを」と思い調べたのですが、自分としては初耳でした。


http://www.alberghidiffusi.it/


(イギリス国旗マークをクリックしても英語ページが表示されないのは僕だけ?)

その他データソースも含めて、まとめると下記のようなDMOのようですね。

・空き家 ・ 空き店舗を活用し、観光客を呼び込み、地域を活性化させようして始まった宿泊形態が「アルベルゴ ・ ディフーゾ」である。

・イタリア語で、アルベルゴとはホテル、ディフーゾとは分散 ・ 拡散を意味する。直訳すれば「分散したホテル」となる。

・一般的なホテルが、1カ所の施設でサービスを提供するのに対し、アルベルゴ・ディフーゾは、集落内の複数の建物を利用する。集落の中心部に受付を設け、そこから一定の範囲内の空き家 ・ 空き部屋、空き店舗等を宿泊部屋やホテルの施設として活用する。
アルベルゴ ・ ディフーゾ協会公認のものだけでもイタリア国内で84カ所にもなる。さらに、この新たな形態のホテルはイタリア国内にとどまらず、スイス、クロアチアなど欧州各地にも広がりを見せている。


 最近では、インバウンド客の急激な増加で、札幌市内に限らず、日本国内の観光地でホテルが取れない・宿泊費が高騰している といった声をよく聞くようになりましたよね。
Airbnb エアビーアンドビーが日本でも話題になっているのも頷ける状況ですが、今後、「アルベルゴ・ディフーゾ」の普及も期待したいところですね。


<参考ページ>
次の地方創生キーワードはこれ!「日本版BIDを含むエリアマネジメント」とは?http://sapporomkt.blogspot.jp/2016/07/bid.html

日本版DMO~「美しい村連合」について調べてみた。
http://sapporomkt.blogspot.jp/2015/09/dmo.html

日本版BIDを含むエリアマネジメントの概略 
http://sapporomkt.blogspot.jp/2016/07/bid.html

日本版DMO~「美しい村連合」について調べてみた。
http://sapporomkt.blogspot.jp/2015/09/dmo.html
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers