2015年2月28日土曜日

北海道庁の「女性の活躍応援自主宣言の募集」施策が面白い。

 先日(2015年2月13日(金))、高橋はるみ知事が定例記者会見で発表された
 「女性の活躍応援自主宣言の募集」が結構面白いかも。

 これは「地方創生」でも非常に重視されている「人口減少問題」の対策にもつながっています。道内の出生率を上げるためには、女性の「出産や育児のしやすい環境づくり」が非常に重要になります。この対策を地方行政だけでまかなうのは、道の予算や経済情勢を踏まえても大変しんどい状況です。

 よって、道内の企業や団体に対し、「幅広い分野で女性の活躍を応援してるよっ!」と応援メッセージを表明してもらい、大きなムーヴメントにしようというのが狙いです。

 <参照>
 〔配付資料:女性の元気応援メッセージ〕
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/file.jsp?id=789729

 〔配付資料:「女性の活躍応援自主宣言」の募集について〕
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/file.jsp?id=789732


「「女性の活躍応援自主宣言」の募集について」を見ると、意外に「縛りながない」ことが面白いですね。一部、「○年以内に、女性管理職を○名育成します」といった「時限・数値目標」が記載されたものもあるのですが、「社内会議の中に女性社員を参加させ、意見を反映させます」といったどの企業でも当然行っているものでもOKっぽいです。

 やや大掛かりな道庁との協業だと「包括連携協定」等もありますが、世の中へのインパクトが大きい分、「コミットした内容がちゃんと可視化出来るようにしてね」といったお願いもされるので、最終的に後退りしちゃったケースも耳にしたことがあります。

 今回の「女性の活躍応援自主宣言」はそういったハードルは低そうなので、ぜひ、道内企業や団体さんが積極的に手を上げてほしいものですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers