2016年8月3日水曜日

甘みと想いがギッシリ詰まった「富良野 佐藤農園」のメロン。

前職の札幌広告会社時代にお友達になった富良野「佐藤農園」さん。
昨年食べたこちらのメロンが絶品でして、Facebookを見ていたら恋しくなったので購入させて頂きました。

まずは、今年のお写真からご紹介しますが、「顔の見える生産者さんの作物を食べること」についても、ちょっと想いを巡らしてみました(とはいえ、基本、グルメエントリーです(笑))

追記:ブログをご覧になった佐藤農園さんから下記御案内を頂きました!
(御注文方法は当エントリー下部にあります)

・小田さんとお友達と伝えてくださった上でのご注文をいただいた方には「ふらふらメロメロン」30グラムを1袋サービスさせていただきます(^-^)
・このふらふらメロメロンは、佐藤農園でしか食べられないドライメロンです



(ご参考:昨年のエントリー)富良野「佐藤農園」の、「人生最高メロン」。
http://sapporomkt.blogspot.jp/2015/07/blog-post_16.html

今年も届いたっ!「人生最高メロン」♪


 Facebookで「買います!」メッセージを佐藤さんに送ってから数日後。待ちに待ったメロンちゃんが我が家に届きました♪

 昨年同様、しっかり梱包されていて、嫁さんもちょっとびっくり。
大切に育てた商品をしっかり消費者に届けたいという生産者さんの気持ちが伝わってきますよね。


写真には写りきっていないですが、今回は3玉購入させて頂きました。オマケのドライメロン(商品名:ふらふらメロン)も付いています!
こちらのパンフレット、ちょっとだけ構成などアドバイスさせて頂いたのですが、昨年よりも更にパワーアップして他の生産品に関する情報なども満載です。


こちらが「ふらふらメロン」。口に含むとメロンの甘い香りと味がゆっくりと拡がってきます。
我が家の5歳になる息子が「これ美味しい!」とパクパク食べていました^^



関心したのはこちら。ちゃんと食べごろまで記載されています。丁寧ですねー。
今回は21日と、ちょっと熟した食感も楽しみたかったので29日頃に食べてみました。


写真をご覧になってわかるとおり・・・たいへん美味しゅうございました!
パンフレットにも記載されていますが、化学肥料の使用を抑えて育てられたメロンなので、舌触りが自然で甘みが強いんです。 
昨年同様、家族で先を争って食べました(笑)



こちらが数日置いたメロン。熟した食感でこちらも絶品でした。
やはりスーパーで購入するようなメロンと違い、肉厚(甘い部分が多い)で、甘みが強いながらも口当たりが上品な感じがします。

もし、今年、メロンの御購入をお考えでしたら、迷い無く「佐藤農園」さんのメロンを推しますよっ!^^




「顔の見える生産者の作物を食べること」って、実はおトク。


嫁さん:「あなたすごいねー。広告のお仕事からお友達になって、こんな美味しいメロンを食べられるようになって。ほんと感謝だわー」
息子:「パパ、ありがとう♪」
僕:「来年もまた買おうねー」

・・・的な会話が今年も我が家でありまして。以下は、お腹も気持ちも満たされた時間を「佐藤農園」さんに提供してもらって思ったことです。

「顔の見える生産者の作物を食べること」 は、
  「生産者の想いや関係性も含めて食べること」。

単純に「食材として消費」するだけではなくて、上記のような経験価値も含めて一緒に味わえることが、「顔の見える生産者」の作物を食べる一番のメリットなのだと思います。
 「お金で買えない価値がある」と、某カード会社さんのCMでうたわれているアレと近い感覚でしょうか。

おそらく、我が家は来年もこちらからメロンを購入させて頂くと思いますが、当然、「去年のメロン、美味しかったよねぇ」と記憶を反芻して楽しむのだと思います。直販でお安くして頂いている物的なベネフィットと、このような「想いや関係性」まで含めたベネフィットまで含めると、とってもおトクな買い物をしているなぁと思うわけです。

佐藤さん、本当にありがとうございました!

富良野 佐藤農園さんについて


最後に、そんな素晴らしい佐藤農園さんのご紹介です^^

北海道のど真ん中、富良野市でメロン、玉ねぎ、グリーンアスパラガスなどを栽培されています。夏季はメロンの直売もしており、こちらで栽培されているアスパラガスは、四谷荒木町のイタリアンレストランでも採用されているほど、しっかりとした品質の商品。
日々の農作業の様子等、下記フェイスブックページでもご紹介していますので、是非、ご覧ください。

富良野 佐藤農園フェイスブックページ
https://www.facebook.com/furanosatounouen
 
メールでのご注文は「furano_satounouen(あっとまーく)yahoo.co.jp」まで。
※「あっとまーく」を「@」にして送信してください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Google+ Followers